新たなUBI世界調査で警告


London Jan. 8, 2016 02:15 UTC

 

トーレマズが新たなUBI世界調査で警告:UBIが主流になる中で非常に多くの保険会社が準備不足

 

ロンドン–(BUSINESS WIRE)– (ビジネスワイヤ) — CES 2016に向けて、トレイマス・コンサルティング・グループは新たなUBI世界調査「“Uber-izing” auto insurance(自動車保険のウーバー化)」を発行しました。125ページの要約を無料で提供しています。本日よりダウンロードできるこの文書では、1000ページに及ぶテレマティクス保険市場分析の主要な調査結果を紹介しています。

稼働中の230種類のプログラムと1200万人の顧客を擁する利用ベース保険(UBI)は、今や真に世界的な現象となり、採用する国の数は2年前の2倍に達しています。2020年までに、世界の車両約1億台がテレマティクス保険を採用するようになるでしょう。これは、2030年までに世界の車両の約50%にまで成長し、保険会社は2500億ユーロ以上の保険料を獲得します!

報告書では、米国が世界最大の市場になるだろうと結論付けていますが、GEICOなど多くの大手保険会社は未だコネクテッド保険プログラムを導入していません。これらの企業は他社への乗り換えや損失率の増大に苦しむことになり、悲惨な結果となる可能性があります。

マネジングディレクターのフレデリック・ブリュントーは、次のように述べています。「今や、スマートフォン・アプリ、車載機器、アフターマーケット機器を利用した超低コストのソリューションが利用できるため、保険会社はこれ以上先延ばしの言い訳はできません。引受から請求管理まで、テレマティクスはウーバーのように自動車保険のビジネスモデルを大幅に変革するでしょう。保険会社が統計モデルのみを頼りにする時代は終わりつつあります。」

この2016年の報告書では、28カ国で実施された286件のインタビューと35以上のコンサルティング・プロジェクトで得た経験が活用されています。これは、6人のコンサルタントが実施した5年間の調査結果をまとめたものです。

UBI調査の全文には以下が含まれます。

  • アリアンツ、オールステート、アマギーズ、GMオンスター、ディスカバリー・インシュア、リバティ・ミューチュアル、オクト・テレマティクス、プログレッシブ、ルノーを含む42件の事例研究
  • テレマティクス・サービス・プロバイダー、技術プロバイダー、ビッグデータ・アナリティクス・プロバイダー、コネクテッドカー・サービス・プロバイダーなどのサプライヤー情報と78のソリューションを掲載したハンドブック
  • オーストラリアからトルコまでの28カ国の市場分析
  • トレイマスによる16地域の2020年と2030年の市場予測。ライン、技術、セグメントごとに解説
  • オールステート、ゼネラリ、オクト・テレマティクスのインタビューを含む無料の要約をダウンロードするには、www.ptolemus.com/ubiをご覧ください。

トレイマス・コンサルティング・グループについて

トレイマスは、コネクテッドカー・サービスとモノのインターネットに特化した初の戦略コンサルティング企業です。当社は、戦略の定義・実行とテレマティクス・プログラムのエンドツーエンドの開発に関して大手保険会社、自動車メーカー、サービス・プロバイダーを支援しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。